2015年11月14日

ひやりとした事

一月ほど前の出来事です。
いつも散歩で行く公園へ道路を渡り入ろうとした時でした。
角から大きなワンコをつれた方が出て来たのです。
アスランはビックリして、一瞬大暴れ!リードが私の足に絡みました。
私が尻餅をついた瞬間、リードを手放してしまったのですexclamation×2

あっという間に公園前の道路に飛び出し、丁度坂を上ってきた車の前に!!!
「アスラン!ダメ」と絶叫しました。
幸い車は止まってくれたのですが、さらにパニックのアスラン。
公園の中へ走りこんで見えなくなってしまいましたがく〜(落胆した顔)

「アスラン!どこ?」「アスラン!」
私は公園の入り口で叫び続けました。
広い公園です。周りは道路があります。心臓が止まりそうになりながら、呼び続けました。

そこに、(タカッタカッタカ)と足音exclamation×2

公園の入り口ゲートからアスランが必死な顔で走ってきましたexclamation×2

飛びついて来たアスランを抱きしめました。

ほんの1分か2分でしょう。私とアスランには恐ろしい時間でした。

帰って来てくれたアスランを褒めてしっかり抱き抱えて、公園のベンチで休んで、やっと生きた心地がしました。

二度とこんな事が無いよう、気をつけて散歩しようと反省しました。

怖かったようで、アスランは一日私からはなれませんでした。
本当に帰って来てくれて良かった!
パニックになっても、私の声を聞いて「かぁちゃんが居ない!」と気付いたのでしょう。
「偉い偉い、怖かったね。」と何度も繰り返してすごしました。

ワンコには、危険が一杯の外です。ひやりとした出来事でした。CIMG2430.JPG

この笑顔が、ずっと側にある幸せ。
posted by ギャオス母 at 17:34| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。